給水管の耐圧試験☆厳選6社

建物の寿命を伸ばす為に耐圧試験を実施する

 給水管の耐圧試験は、物件の耐用年数に関するメリットがあります。
物件の寿命を長くしたいなら、その試験を実施しておく方が良いでしょう。
そもそもマンション物件やビル物件の中には、多くの給水管が張り巡らされています。
その給水パイプは、建物の寿命と密接な関連性があるのです。
不動産業界では、よく経年劣化という表現が使われます。
年数が経過すれば、建物の状態は自然と悪化してしまう訳です。
状態が悪化してしまう主な理由は、上述の給水管です。
給水パイプには、もちろん寿命があります。
寿命を迎えた給水パイプは、建物の状態を劣化させてしまうのです。
現に古いパイプは、ヒビが入りそうになっている事もあります。
そのパイプを放置してしまいますと、建物の寿命も短くなってしまう傾向がありますから、注意が必要です。

 ところで給水管は、状態確認する事も可能です。
寿命を迎えつつあるかどうかを、冒頭の耐圧試験で確認してみる方法もあります。
例えば築年数が15年目あたりの建物の場合は、そろそろ耐圧試験を検討してみる方が良いでしょう。
給水管の耐用年数は、たいてい15年前後だからです。
長持ちする給水管でも、寿命は20年目安になります。
という事は、築年数が15年目のタイミングですと、給水管もかなり劣化している可能性があります。
それを放置し続けてしまえば、建物の耐用年数も短くなりかねません。
ですが水道業者に試験を行ってもらえば、給水管は寿命を迎えつつあるかどうかも確認できます。
試験を行ってみた結果、給水管の寿命が近い事が発覚したら、早期対処して建物の寿命を伸ばす事も可能です。
耐圧試験は費用はかかりますが、検討してみると良いでしょう。

 具体的にどうやって耐圧試験を行うかと言うと、給水管に対して圧力を加えることになります。
そもそも水道の蛇口をひねれば、給水管には圧力が加わります。
蛇口をひねった時の1.5倍の圧力を給水管に加えて、異変が無いかどうかを確認してみる訳です。
試験を行ってみると、水圧に関する異変が発覚する事も多々あります。
それで給水管の更新や交換の工事などを行えば、建物の寿命を延ばす事もできます。
ですから15年目などのタイミングで耐圧試験を行っている方々は多いですが、試験は1回限りではなく、定期的に実施しておく方が良いでしょう。
15年目だけでなく、18年目や21年目など3年置きに試験を実施しておくのが一番無難です。
定期的なメンテナンスを行っておけば、かなり建物の寿命も延ばせられる傾向があります。

次の記事へ

PAGE TOP