給水管の耐圧試験☆厳選6社

春頃や大地震の直後に耐圧試験を実施してみる

 建物に設置されている給水管は、かなりのダメージを受けている可能性があります。
何かトラブルが発生した時は、耐圧試験を実施しておく方が良いでしょう。
天災の直後などは、試験を実施しておく方が無難です。
例えば地震です。
最近では、大地震に関心を抱いている方々も多いです。
地震の発生頻度が多くなると、住宅の設備は大丈夫なのか不安になっている方も多いです。
現に地震は、確かに住宅設備に悪い影響を及ぼします。
給水管も例外ではありません。
地震が発生すれば、給水管に大きな衝撃が加わっていますから、かなりダメージを受けている可能性もあります。
地震の大きさによっては、配管が割れてしまうケースもあります。
ですから地震が発生した後は、給水管の性能に問題が無いかどうか確認しておく方が無難です。

 それと温度です。
かなり気温が寒かった時などは、要注意です。
水道は、実は寒さに弱い一面があります。
寒冷地ですと、水道管の中が凍結してしまうケースも珍しくありません。
水道管の中が凍ってしまえば、水がせき止められた状態になってしまいます。
それで水道管に大きな圧力が加わってしまい、破裂寸前になっているケースも少なくありません。
ですから気温が急激に下がってきた時も、要注意です。
もしも冬が寒かった時は、給水管に対する耐圧試験を行っておく方が良いでしょう。
春頃の時期に、その試験を行っている方々も多いです。
試験の目的は、もちろん異常があるかどうかを確認する事です。
給水管に対して、やや強めな圧力を加えてみる事で、異常な状態になっているかどうかを見極める訳です。
現に春頃に試験を行ってみると、異常が見つかるケースも多々あります。

 同じ理由で、大きな地震が発生した直後に耐圧試験を行っておくのも、大いに意味があります。
地震が発生した後は、給水管に何かが衝突している可能性もあります。
それでパイプにヒビが入ってしまうケースも少なくありません。
しかし耐圧試験を実施しておけば、給水パイプに問題点があるかどうかを確かめる事もできます。
具体的には、水道業者に依頼する事になります。
業者に相談してみると、たいてい現場まで出張に来てくれます。
それで給水管に少々強い圧力を加えてみて、性能は問題無いかどうかを確かめる訳です。
大地震の後は、何らかの問題点が見つかるケースも多々あります。
もしも問題点が見つかった時は、早めに補修する事も可能です。
ですから大地震が発生した後に耐圧試験を行っている方々も多いです。

次の記事へ

PAGE TOP