給水管の耐圧試験☆厳選6社

給水管の耐圧試験の業者を見積もりで選ぶ

 給水管に耐圧試験を実施する目的の1つは、トラブル防止です。
そもそも水漏れのトラブルが発生する確率は、ゼロではありません。
ある程度は築年数が古い建物ですと、かなり老朽化が進んでいる事もあり、水道管から水が漏れてしまうケースも多々あります。
水道管の一部にヒビが入ってしまえば、水道料金も加算され続けてしまいます。
一旦トラブルが発生すると、多くの修理費用がかかりますし、それを防ぐ為に耐圧試験を行う訳です。
耐圧試験は、水道の専門業者に依頼する事になります。
水道更生や増圧工事などを行ってくれる専門業者は多いですが、まずは電話やWEBなどで相談する事になります。
それで給水管に強めな圧力を加えて、異変が無いかどうかを確認してみる訳です。
何か異常が見つかった時は、専門業者に相談する事も可能です。

 ところで専門業者に依頼する目的は、何も試験だけではありません。
確かに試験を行ってもらうのも大切ですが、客観的なアドバイスや診断などを聞く目的もあります。
例えば圧力試験を行ってみた結果、水道管に何らかの不具合が見つかったとします。
その際、専門業者によってはアドバイスしてくれる訳です。
今後の防止策や対応策に関して、かなり具体的なアドバイスをしてくれる業者もあります。
ただ、そのアドバイスが的確であるか否かは、専門業者のノウハウに左右されます。
専門知識が豊富な業者の方が、的確なアドバイスをしてくれる傾向があります。
ですから耐圧試験の業者を選ぶ時は、ノウハウや知識が多いかどうかを見極める必要があります。
どうすれば見極められるかと言うと、専門業者に対する見積もり依頼です。

 そもそも専門業者に耐圧試験を行ってもらうまでの流れですが、まずは業者への連絡です。
電話やメールなどで業者に連絡し、給水管の状況を確認してもらう事になります。
たいていの専門業者は、現場に出張に来てくれます。
そして専門的な機械を使用して、給水管に若干強めな圧力を加えて、状態は問題無いかどうかを確認する訳です。
ただし出張したら、即座に試験が行われる訳ではありません。
まずは業者から見積書が提示されます。
その書類には料金や金額も書かれていますが、発行料金は無料です。
そして見積もりを提示してもらう際には、専門業者の担当者とやり取りする事になります。
そのやり取りを通じて、専門業者のノウハウや知識が多いかどうかも見極める事もできます。
ですから給水管の耐圧試験を行ってもらう前に、複数社に見積もりを依頼している方々も多いです。
それで複数社を比較して、最適な業者を選んでみると良いでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP